2010 年 3 月 のアーカイブ

げっきん!かごしま テレビ出演

KTS(鹿児島テレビ)の「げっきん、かごしま」という番組で「緑茶と健康」のテーマがとりあげられ、SGT のDr. Sonoda が2回出演しました。鹿児島の大手茶本舗(美老園)がスポンサーでした。

第1回目(1月23日放送)のテーマは「緑茶によるインフルエンザ予防対策」でした。緑茶でうがいをすると咽頭粘膜のインフルエンザウイルスが殺され下気道への感染が予防できる、すなわち、インフルエンザの発症予防ができることをDr. Sonoda が患者さんの診察風景とイラストを交えながら説明しました。ここでは、インフルエンザウイルスの基礎から臨床までわかりやすく説明され多くの視聴者に好評でした。

第2回目(2月17日放送)のテーマは「べにふーき緑茶による花粉症の予防」でした。この番組には鹿児島大学耳鼻咽喉科教授 黒野裕一先生にも特別出演していただき花粉アレルギーの臨床を語っていただきました。Dr. Sonodaは花粉症(A)と慢性鼻炎(B)の患者2名に対するSGTタブレット(べにふーき)の臨床効果について治験中の情報を提供しました。①花粉症の患者(A)は季節性の花粉症で悩んでいた患者さんです。SGTタブレット(べにふーき)を昨年10月から服用中。今年2月現在、花粉症の症状(目がかゆい、鼻水・くしゃみがでる)はほとんどなし。Aさんのインタビューも放送されました。②慢性鼻炎の患者(B)は20年来の慢性鼻炎で嗅覚障害と鼻茸(ポリープ)をもつ患者さんです。SGTタブレット(べにふーき)の服用3ヶ月で嗅覚が一部回復、鼻茸(ポリープ)が消失しました。この患者さんは花粉症ではなく通年性の鼻炎アレルギーですが、SGTタブレット(べにふーき)の抗炎症効果は患者(A)と同様のようです。