■ 緑茶ポリフェノールによるがん予防の意義 ■

緑茶ポリフェノールには、
  (1)抗酸化作用による活性酸素(フリーラジカル)の消去
  (2)がん細胞のアポトーシス誘導
の2つの作用があり、発がんとがん発症の双方で予防効果
が期待されています。

発がん予防、 がん発症の予防
発がん予防、がん発症の予防
<<緑茶が健康によいワケ