■ 緑茶の薬理作用成分 ■

一服のお茶は日常生活のストレスを癒し、脳や心臓の循環
を滑らかにして心身に力を与えてくれます。
 
■ 緑茶の薬理作用成分
緑茶には3つの薬効成分カフェイン、テアニン、ポリフェノール)が含まれており、
脳の高次機能や心臓血管の循環機能の活性化、細胞の老化や
発がんを予防する作用、そして病原細菌やウイルスを殺す作用が知られています。

テアニン、カフェイン ポリフェノール
覚醒作用
心悸亢進
血管拡張
抗酸化作用
抗菌(ウイルス)
抗がん
<<緑茶が健康によいワケ